副業・ブログノウハウ

【気を付けないと大損!?】副業する会社員の注意点3つ

副業を始めるぞ!と決めた場合、副業には最低限覚えて起きたい事が3つあります。

知っておかないと後から苦労したり、会社勤めの方はトラブルに成りかねないのでしっかりと押さえておきましょう。

悩み人くん

副業に興味があって、チャレンジすることにしました!でも、副業する上で気を付けるポイントってあるんですか?

悩み人ちゃん

よく副業の収入が20万を越えたら注意っていうけど、本当ですか?

はい!副業を始める上で気を付けるポイントがいくつかあります。

この記事を読んで注意点をしっかり押さえましょう!

ぴっけ

この記事を読むことで、

副業で何に気をつけたらいいのか分からない・・・。

いくら稼いだら職場にバレるの?

等のお悩みを解消出来ます!

副業ライフを楽しむために、重要なことです!

ぴっけ

まずは自分の所得が何にあたるのか把握しておく

person in white dress shirt holding white paper

副業から得られる所得の種類とは

副業をする上で所得の種類が何に当たるか把握するのは大事です。

ここでは主な8つの所得について説明をしていきますね。

  • 給与所得...勤務先から勤務者が受け取る事が出来る給与・賞与による所得
  • 事業所得…農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業等から発生する所得(不動産の貸付けや山林の譲渡による所得は別所得)
  • 利子所得...預貯金や公社債の利子、合同運用信託などの収益の分配に係る所得
  • 配当所得…株式の配当金や、投資信託の収益の配分のよって得られる所得
  • 譲渡所得…土地や建物、ゴルフ会員権などの資産の譲渡によって得られる所得
  • 一時所得…宝くじや福引きの商品券、競馬や競輪の払戻金や生命保険や損害保険の満期返戻金
  • 不動産所得…土地や建物、船舶や飛行機などの貸し付けから得られる所得(事業用のものは当てはまらない)
  • 雑所得…年金や非営業賃金の利子、上記のどれにも当てはまらない所得

等が挙げられます。

所得の区分について詳しくは国税庁のサイトに書いてあるため、一度目を通しておくのをオススメします!

会社員の場合就業規則を必ず読むべし

black and silver fountain pen

就業規則に違反するとペナルティが化せられる場合も

ここ数年のうちに公務員は、副業や兼業について国家公務員法や地方公務員法で許可がおりた事が記憶に新しいですね。

しかし、民間の企業では勤めている会社によって副業の可能か否か異なるため注意が必要です。

副業を始める前に、まずはご自身の勤めている会社の就業規則はしっかりと確認しておきましょう。

規則に違反した場合、解雇や懲戒などのペナルティが課せられることもあるので注意してください。

年末調整の徴収方法に注意!

特別徴収と普通徴収

住民税は年間の所得に応じて納税額が変わるため、副業をしている人は必然的に住民税が高くなります。

一般的な会社員は「特別徴収」という方法で住民税を納めており、住民税の納税額は会社に知られているのが基本です。

住民税は収入に応じて納税額が変わりますが、以下の二つの支払い方法があります。

①特別徴収…給与から天引きされる

②普通徴収…自分で納税する

本業、副業どちらも①の特別徴収にしていると、副業の収入も記載された通知が本業の会社に届いてしまうため、副業をしていることが知られてしまうケースが多いです。

住民税の納税額が上がると副業していることが会社へ気づかれる可能性があるため、就業規則を無視して会社に黙って副業するのはやめましょう。

確定申告すべき金額は副業で20万を超えた場合

20万を超えた場合は確定申告を行う必要があるので気をつけましょう

悩み人くん

副業で収入が20万を超えました!嬉しい!

あれ、でも20万を超えると何かマズいんじゃ…?

マズいことはないので安心してください!

20万を超えた場合は確定申告を忘れず行いましょう!

ぴっけ

面倒だからとスルーしていると大変なことに

副業の稼ぎが年間20万円を超えた場合は、原則として必ず確定申告を行う必要があります。

「面倒だから…」「税金払いたくないし…」等の理由で申告をスルーしてしまうと、余計にお金を払わないといけない事態にもなりかねません。

副業をしていてそのまま放置していた場合、「無申告加算税」や、さらに内容が深刻なケースだと「重加算税」などが課せられます。

  • 無申告加算税…納付税額に対し「50万円までは15%」50万円を超える部分は20%」の割合を乗じて計算した金額
  • 重加算税の税率…追加本税の35~40%

なかなかシビアな金額です

ぴっけ

やばい!払い忘れてた!という人は、確定申告の期限が過ぎていても自主的に確定申告をした場合に限り、

無申告加算税が軽減され、「5%の割合を乗じて計算した金額」になる場合があります。

折角副業で得た収入を税金で持って行かれるのは悔しいですよね。

しっかりと申告をして、安全安心な副業ライフを楽しみましょう!

副業で払う税額が分かるサイトもあります

副業で得た収入金額を入力することで税額が分かるサイトもありますので、

収入が多い人は一度確かめてみましょう。

所得の計算式

総収入−経費=所得

pen on paper

また、所得については上記の計算式になっており、総売上額とは違うので注意しましょう

また、確定申告を行うためには、普段から必要経費の管理や総支出の管理などを一人で行う必要があります。


帳簿付けが面倒な方は簡単に作成が出来る「白色申告」でも良いですが、

出来るだけ節税したい方は控除等の欄が用意されている「青色申告」を選択するのが良いでしょう。

ポイント

筆者は毎年実家の確定申告を行なっていますが、青色申告した方が断然税金が安くなるので少し面倒でも青色申告をおすすめします!)

まとめ:副業を行う上できちんと注意点を調べた上で始めよう!

man writing on paper

いかがでしたでしょうか?

ご自身の企業の就業規則だけでなく、住民税の特別徴収と普通徴収等の点や、

確定申告しなければならない額をポイントとして頭にインプットしておけば副業ライフも安全ですね。

しっかりルールを守り、安全に副業ライフを楽しみましょう!

今回は以上になります。

ぴっけでした!

-副業・ブログノウハウ
-