転職エージェント

【意外と知らない】求人サイトと転職支援サイトの大きな違いとは?

悩み人くん

転職活動を始めようと思っているのですが、求人サイトと転職支援サイトの大きな違いってあるんですか?また、どちらを選んだほうがいいのでしょうか? 

求人サイト転職支援サイトの違いですが、しっかり分かれてます!この記事を読んで違いについて学びましょう!

ぴっけ

この記事の内容 

・求人サイトと転職サイトの大きな違い 

・双方のメリット・デメリット 

・結局どっちを選んだらいいの? 

こんなお悩みが解決する内容になっています。 

求人サイトと転職支援サイトの大きな違い 

提供するサービスが変わる

求人サイトと転職支援サイト(転職エージェント)の違いは、提供するサービス内容が大きく変わり ます。 

どちらも大前提に「求職者とマッチングした企業を結びつける」という役割を持っていますが、内容は少し異なります。 

求人サイト…企業選びや応募、面接まで全て一人で行う 

転職支援サイト…企業の選び方や、応募から面接までの一連の流れ、仕事に対する価値観や 譲れない条件等のヒアリングを行った上でその人に合った求人を紹介してくれる 

大きな違いは、

上記であげたように求人サイトは応募企業を選んだり、履歴書作成や応募に至るまで、全て一人で行うことに対し、

転職支援サイトでは「エージェント」「キャリアアドバイザー」とい う仲介人を挟み、

転職までのサポートをして貰いながら就職活動を行います。

 

求人サイトのメリット・デメリット 

求人サイトのメリット

求人サイトのメリットは、なんといっても自分のペースで行えること。デメリットは全て自分で行わなければならないことです。

・自分のペースで転職活動を行える 

・企業選びの自由度が高い(異業種転職など) 

・24時間利用可 

求人サイトのデメリット

・企業選びや応募などを自分で行う必要がある 

・転職エージェントと比較すると応募先企業の詳細な情報を得にくい 

転職支援サイトのメリット・デメリット 

次に、転職支援サイトのメリット・デメリットですが、一番のメリットは専門のアドバイザーが一緒に 転職活動のサポートをしてくれるところです。

転職支援サイトのメリット 

・エージェントが自分に合った求人を探してくれる 

・履歴書や提出書類の添削をしてくれる 

・転職活動の進め方についてプロの意見やアドバイスを貰える 

転職支援サイトのデメリット 

・担当(エージェントやアドバイザー)との相性がある 

・サイトによっては利用地域が限られている 

・サービス対応時間に限りがあるため、日中仕事をしている人は少し不便 ・自分のペースではなく就職まで急かされるケースがある 

結局どっちを選んだらいいの?

求人サイトと転職支援サイト、どちらもメリット・デメリットがありますが、 

マイナビのアンケートでは「どちらも使用した」という意見が一番多かったです。

まとめ:どちらもメリット・デメリットがあるため、自分にあった方を選びましょう

いかがでしたでしょうか。

それぞれの違いや特徴を理解したうえで、幅広く情報収集を行ったり、自分にマッチした サービスを選び、賢く転職活動を行いましょう!

-転職エージェント
-