就職活動

【必ず退職しよう!】退職する際の理由が3分で思いつく記事

退職したいけど、良い理由が浮かばず迷っています。

よし!退職するぞ!といざ決心しましたが、上司に退職の意を伝えることは心身ともにストレスの掛かることですよね。
退職時の理由についても、迷うことが多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで

・退職したいけど良い理由が思い浮かばない

こんなお悩みにお答えする記事になっています。

あわせて読みたい

退職する際の理由について

仕事を辞めることは入社同様に大変なことです。

上司に退職の希望を伝えることだけでなく、担当業務の引継ぎについても考える必要がありますよね。
社内でどういった仕事を担当しているかでも違いますが、仕事を辞めたいと言ってもすぐには辞めることができない人もいます。

仕事を辞めたいと思った時は、どうやって上司に話を切り出すといいのでしょうか。

簡単に仕事を辞めることができる理由として、参考になるものをいくつか紹介します。

① 家庭の事情

両親の介護や世話、子供の面倒など、家族や実家の事情を持ち出せば、会社関係の人が口出し出来るレベルの話ではなくなります。

上司や関係者も引き止めにくくなりますので、辞めることが比較的容易になります。

② 今より良い条件の会社に転職できることが決まった

今より待遇や条件の良い会社に転職できることが決まったと言われれば、上司でも引き止めるに足りるだけの理由を持ち出すことが難しくなります。打ち明けるのが難しく感じますが、スキルアップや自分自身の成長の為等と前向きな理由を話せばOKです。

③ 体調が悪化していることを伝える

筆者は実際にこの方法で退職しました。
実際に体調を崩していたということもあるのですが、診断書を医者に書いてもらい、退職面談の際に見せて仕事が続けられないことを説明しました。

休職を勧めてくると思いますが、退職したい場合はしっかりとその旨を伝えましょう。

万事滞りなく退職まで話を持っていくには、仕事を辞めるという結論を出すまでの流れを誤解なく理解してもらうことです。

会社によっては退職をなかなか認めないケースもあるようですが、強い意志を持ち毅然とした態度で仕事を辞める意志を伝えるようにしましょう。

伝え方に注意しよう

また、仕事を辞める理由の伝え方次第では、会社の人が不満に思ったり、不愉快になるケースがあります。

円満退社する上でも、仕事を辞める場合には言葉を選んで退職の意思を伝えたい所でもあります。

どうせ辞めるのだからと上司に対して不満をありのまま話したりすると、結果的に自分に損になることもありますので注意が必要です…。

既に転職先が決まっている場合は、転職後の仕事が自分にとってよりよい条件であることを言えばOKでしょう。

相手が納得してくれやすい理由としては、今後のためのスキルアップや、経験を積むための転職をしたいというものがあります。

今の仕事を辞めると決めた場合、その会社に残って働き続ける人のストレスや、不満を拡大するような置き土産を残す必要はありませんので、むしろ問題を起こさないような辞め方をすることを考えるようにしましょう。

退職の一般的な流れ

封筒と書類のイラスト【線画+塗り】

次に、一般的な退職の流れについて簡単に説明します。

①  退職する事情を明確にする(理由の決定)
②  準備が必要な時は終らせる(引継ぎや診断書の発行など)
③  実際に退職したい旨を上司に伝える

退職をしなければならない事情を自分の中で明確にして、準備が必要な時は準備を済ませ、余裕を持って上司に相談を済ませておくというのが定番です。

退職する時期が、突発的な事態で急な退職を迫られているのでない限り、なるべく早めに退職の時期を自分で決めておくことです。

会社を辞めるタイミングとは

今現在勤めている会社を辞めるタイミングとは、一体いつなのでしょうか。

新卒で入社した会社=定年まで勤め続けるというスタイルは、日本の会社員のオーソドックスなスタイルでした。
ですが近年では、転職サイトや転職エージェントというサービスもメジャーになり、退職・転職自体が珍しい話ではなくなっています。

そのため、退職のハードルも、昔よりぐっと下がりました。

退職のハードルはぐっと下がりましたが、仕事の引継ぎや、お世話になった人々や取引先に挨拶をしたり、会社での風習やものの考え方によって、退職は非常に神経を使う作業になりえます(実際に筆者も退職時はものすごく神経を使いました)

退職を決心した際に一番重要なことは、退職の時期を早めに自分で決めることです。

会社の繁忙具合を見ながら円満に退職しよう

転職を考えている場合はマイナビエージェント!

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

退職の時期について

実際、なるべくスムーズに仕事を辞めるには、どのタイミングで退職するのが良いのでしょうか。

自分が置かれた条件や会社の動きをよく吟味して、退職時期をいつに設定するのが最も望ましいかを判断します。
退職する希望時期までの期間が短すぎると、自分のタイミングで退職時期を選ぶことができなくなりますので、気をつけましょう。

オススメしない時期

繁忙・多忙期
企業が多忙な時期に退職する人がいると周りの人たちの仕事が増加してしまうので、退職のタイミングにはなるべく避けたいところです。

オススメする時期

① ボーナス支給後
ボーナスが支給される時期であれば急いで退職せず、賞与の支給を待ってから退職する人が多いです。

② 夏休みや年末年始
何もない時期よりは夏休みや年末年始など、長期休みと同時に退職した方が、周囲の人間が休みに入るのと同時に退職することになり、自分にとっても周囲にとっても心理的な負担は軽減されるでしょう。

人事目線のアドバイス

怖がらずに言ってほしい

元採用担当からみた退職についての意見ですが、退職=企業の人材が一人減るということなので、人事はあなたを引き留めると思います。

優秀な人材を失くしたくない場合は、退職面談を何回も行い引き留めるでしょう。

緊張するかもしれませんが、人事目線でアドバイスすると前々から退職の意図を伝えてくれた方が助かります!
むしろ、前準備等無しに強引に退職されてしまう方が企業にとって迷惑が掛かるため、急な退職はなるべく避けたいところです。

実際どんな理由で退職する人が多いの?

実際に皆さんがどんな理由で辞めていくのかですが、私が採用担当していた会社では働くママさんが多く、

ほどんどの方の退職理由が「家庭の事情(子供の面倒等)」でした。

それ以外ですと、体調を崩したり、引っ越しで遠方に行くことになった等…人によって色んなケースがありました。

直前で退職届を出す人は少なかった印象です。

皆さん計画的に退職されていっている感じがしましたね 。

まとめ  会社や自分の状況を見ながら退職するタイミングを掴もう

退職は人生を左右する一大イベントになりますね。

慎重に考えて、周りの状況を見ながら退職するタイミングを掴みましょう!

今回は以上になります。

-就職活動
-,