仕事の悩み 転職

【知ってると得】退職の引き留めが酷いときの3つの対処法って何?

退職したいけど、引き留めが酷いときの対処法についてこの記事ではお伝えします。

悩み人くん

退職したいのですが、中々会社が辞めさせてくれません…。引き止めがしつこくて、中々退職の話が進みません。

悩み人ちゃん

前もって1か月前に会社に退職の意思を伝えているのですが、考え直してくれと引き止めがしつこくて困っています。どうしたら良いのでしょうか?

退職したいのに引き止めてくる会社ってありますよね…。

ぴっけ

どうも、退職面談をする方だったぴっけです!

退職を引き留めてくるというのはあなたが優秀な人材で、辞めてほしく無いが故にあの手この手で辞めさせないようにする企業は多いと思いますが、辞めたい側からしたら溜まったもんじゃ無いですよね。

この記事では、

一刻も早く退職したい

退職したいのに中々会社が辞めさせてくれない

こんなお悩みを解決する記事になっております!

退職の引き留めが酷いとき

優柔不断はNG

brown eggs on white textile

退職することを上司に伝えたとき、優柔不断な態度になることは一番やってはいけません。

なぜなら、あなたが優柔不断な態度になることで、「説得したら考え直してくれるかもしれない」と相手が期待してしまうからです。

すでに転職先が決まっている場合は「転職先は決まっていて、入社手続きも済んでいる」と具体的なこと伝えることで引き留めがなくなることもあります。

退職について伝えるときは、優柔不断にならず、継続して働く意思はないことをしっかりと伝えることが大事です。

伝えることは緊張しますが、しっかり伝えた方がお互いのためになります!

ぴっけ

法律上で引き留めが通用しないことを突っ込む

white and black i am a good girl card

そもそも、退職する際の執拗な引き留めは法律上OKなのでしょうか?

法律のお悩みについて記載している「Lega‐Life Lab. (リーガライフラボ)」さんでは、退職について以下のように記述しています。

労働者には、会社との労働契約を解除する自由、すなわち「退職する自由」が民法で認められています。

引用:リーガライフラボ

また、民法627条・628条ではこのように記述されています。

1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

2.期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以降についてすることができる。ただし、その解約の申し入れは、当期の前半にしなければならない。

3. 6ヵ月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申し入れは、3か月前にしなければならない。(やむを得ない事由による雇用の解除)

引用:民法627条

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用:民法628条

上記で挙げたように労働者は自身で退職する自由が認められており、 2週間前に退職する意思を伝えたらOKと民法上で決められています。

会社の就業規則には2週間前ではなく、1か月前に伝えることが定められているケースもありますので、一度ご自身の会社の就業規則を確認してみることもオススメします。

ポイント

民法で退職する権利があると述べましたが、

法律を盾にする際は企業側の引き留めがしつこい場合の最後の切り札にした方が円満に辞められるポイントです。

退職の意を伝えて圧を掛けてくる場合

i love you text on pink and white polka dot background

退職の意を伝えた場合、上から

「今辞めたら残ってる仕事はどうするの?」

「代わりの人は?」

などと聞かれることもあるかと思いますが、あなたには退職する権利があります。

それに、あなたがいなくても仕事は回ります。安心してください。

良心に訴えかけてくる言い方をされても、毅然とした態度で辞める意思を貫きましょう。

あなたの人生はあなたの物です。辞めたいと決めたら周りに振り回されずに自分の意思を貫きましょう。

ぴっけ

退職の引き留めが酷い場合は退職代行サービスを使うのも手

上記のことを伝えた上でも、それでも引き留めてくるときの最終手段として退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは名前の通り、退職を希望する労働者が業者が企業との退職のやり取りを代行してくれるサービスになっています。

費用が掛かってしまいますが、ブラック企業でどうしても辞めたい事情がある人に人気のサービスです。

オススメの退職代行サービス

オススメの退職代行サービスですが、退職代行ガーディアンをオススメします。

ポイントは、

  • 20代の利用者が多い
  • 低費用で確実に退職できる
  • 一般法人であり弁護士の強みも兼ね揃えている
  • 料金一律で追加料金等一切なし

という点が挙げられます。

気になる金額について調べてみたところ、29,800円でした。

役3万円で辞めたい会社を辞められるなら、安く感じますね。

相談は無料なので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

ぴっけだったらすぐに相談すると思います。

ぴっけ



まとめ:退職の引き留めが酷い時は、毅然とした態度で辞める意思を伝えましょう!

silhouette of person standing on rock surrounded by body of water

基本的に、労働者の自主退職する権利は民法で定められています。

退職の引き留めが酷いときは、民法を盾に毅然とした態度で辞める意思を伝えましょう!

それでも引き留めがしつこい場合は、

  • 退職代行サービス
  • 弁護士

など、公的なサービスを使用することも視野に入れて退職を進めていきましょう。

それでは、ぴっけでした!

-仕事の悩み, 転職