就職活動

いい会社・悪い会社の見分け方【口コミ・評判を活用しよう】

悩み人くん

いい会社と悪い会社の見分け方が知りたいです!転職を考えているけど、今より悪い会社には行きたくなくて…。

悩み人ちゃん

ネットの口コミサイトを見ると、応募した会社の評判が悪くて不安になりました…口コミが悪い会社の情報って信用していいのでしょうか?

転職が決まったのはいいけど、口コミサイトに悪い評判が書いてあると不安になりますよね…。

ぴっけ

どうも、元ニートブロガーのぴっけです。


ぴっけも転職とニートを何回か繰り返して今の企業にいるので、「今より悪い企業に行きたくない!」という気持ちが痛いほど分かります…。

本記事では、

いい会社と悪い会社の見分け方

実際に口コミや評判が悪い時にどうしたらいいか

こんなお悩みを解決する記事になっています。
転職を考えている方はぜひ参考にして頂きたいです。

結論からいうと、口コミや評判サイトの使用は必須

結論から先に言いますと、いい会社と悪い会社を見分けるには、口コミや評判サイトを最大限活用するのが必須になります。

転職して一番避けたいケースは、
せっかく頑張って転職をしたのに、場合によっては今より悪い条件の会社に入ったり、ブラック企業に入社する可能性があること。

評判が悪く書かれた口コミ等は8割型事実といってもいいです。

いい会社と悪い会社を判断する為に、口コミを使って会社を見極めるのは、とても大事なポイントです。

簡単2ステップ

いい会社・悪い会社を判断するための2ステップですが、

① 口コミ・評判サイトに登録する

 転職サイト・転職エージェントサイトに登録して求人の3つの項目を調べる

上記になります。今すぐにでも出来そうな簡単な方法ですね。

転職で悪い会社に就職しないためにも、口コミサイトや転職サイトを賢く使って行きましょう。

いい社と悪い会社の見分け方で口ミが重要な3つの理由

① 口コミの8割はほぼ真実

「液晶に映る自分を眺める猫」の写真[モデル:プー]

ネットで「○○会社 口コミ」で検索すると、その会社について口コミが載ったサイトがヒットします。

口コミや評判サイトは企業のリアルな姿がわかるため、 会社のいい箇所も、悪い箇所も記載されています

転職でいい会社と悪い会社を見極めるために口コミを使って会社を探すのが重要な理由は、

先ほど記載した通り、内容がほぼ真実のためです。

口コミを見ていると、時には、知りたくなかったマイナス面が出てくることもあります。
世の中に100%自分の理想とマッチした完璧な会社はありませんが、口コミではその会社のいいところ、悪いところを確認できます。

プチアドバイス! 口コミの中には優良会社も潜んでいたり

口コミを調べている段階で、隠れ優良企業などにも出会う可能性もあります。


ぴっけの友人は就職活動中、口コミを調べている中で他の会社の求人待遇がいいことに気付き、予定していた会社とは別の会社に入っていました。求人票では優良企業だと気づけなくても、口コミを見ることで優良企業だと判明することも。


優良企業を見落とすことがないように、口コミサイトは必ず利用しましょう。

試しにぴっけが過去に入社していた会社2~3個の口コミを見てみたのですが、退職した社員や、まさに現在働いている社員が書いているのか、結構事実が書いてあって驚きました。

ぴっけ

② 内部事情が分かるときがある

口コミの中には、内部や部署全体の雰囲気や多忙な時期、風通しの良さ等を教えてくれる口コミがあります。

求人や転職エージェントの方も知らないような、その会社に勤めている人だからこそ書ける口コミがありますので、業務内容や待遇だけじゃなく、文章では分からない会社の雰囲気が知りたい方はなるべく色んな口コミサイトをチェックしていた方が損をしないためオススメです。

③  入社後のミスマッチをなくせる

「目を見開いて考え込む男性」の写真[モデル:大川竜弥]

人事担当の目線で言うと、入社後のミスマッチを失くせるという点は非常に押さえておきたいポイントですね。
なぜなら、新卒・中途で入社して来た人たちの辞める理由の上位に「思っていた業務と違っていた…(ミスマッチだった)」という理由が非常に多いからです。

完全に理想の業務・職場というものは絶対にありませんが、少しでも自分の理想とマッチした会社に入社した方が長く続く気がしますよね。

入ってから「やっぱり違った…」という事態にならない為にも、口コミや評判はしっかりチェックしましょう。

口コミで書かれた会社の評判というものは、8割事実です。
もし仮にそれが受け入れられないレベルの悪い評判なら、今後のご自身のためにも、そのような会社には行かないことをオススメします。

悪いところや納得いかない箇所を、自分が受け入れられるか考えてみるのも大事です。

ぴっけ

いい会社と悪い会社の見分け方で使えるおすすめの口コミサイト

① 転職会議

転職会議には、国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載しています。

会員数は500万人以上、日本中の企業の口コミが集まっています。また、転職会議独自の求人票に加え、大手転職サイトと求人提携をしているため、口コミ以外も多くの求人をまとめて検索できます

ぴっけの身の回りで転職を考えている友人たちは転職会議を使って口コミや評判をチェックしていました。

転職会議に登録して口コミを見よう!(登録無料)

② Open work

こちらは転職会議と比較すると正社員の方が記事を記載しているため、ややしっかりとした印象です。

求人も掲載しているため、転職会議と合わせて登録することで、さまざまな企業の口コミや求人を取りこぼしなく得ることが出来ます。

Open workに登録して口コミを見よう!(登録無料)

Open work

転職サイトでいい会社・悪い会社を見つける検索のかけ方

転職サイト・転職支援サイトを使用する

「大きなモニターのあるコワーキングスペース」の写真

転職サイトでいい会社、悪い会社を調べる方法ですが、転職サイト転職支援サイトといったサイトを使用しましょう。

オススメのサイトや、求人サイトと転職支援サイトとの違いについて詳しくは上記の記事をご覧ください。

上記で挙げたような求人サイト・転職支援サイトですが、1社の登録だけですと、求人の取りこぼしがあったり比較ができない為、

口コミサイト同様に複数登録することをオススメします。

次に、実際に検索して調べた方がいい内容3点について説明します。

① 休日

休日数ですが、年間休日の1つの目安として120日を平均として考えましょう。

年間休日「120日」という数字は、カレンダー通りに休めた場合の日数が基準になっています。

そのため、120日を超えている企業は休みがしっかり取れる優良企業といえます。

② 労働環境(残業時間)

次に、労働環境(残業時間)についてですが、月45時間以上の残業は特別な理由がない場合許可されていません。

自分の気になる企業が月の残業がどれくらいあるのか、求人票や口コミサイトを利用して必ずチェックしましょう。

③ 給料

最後に、働くうえで一番大事な給料についてです。

給料の形には、月給制や年俸制があります。

月給制とは、何か成果を出した際にボーナスがその分伸びるのが特徴です。反面、成果を出さないと給与に変動が無いことがデメリットです。

年俸制とは、1年に支払われる額が決まっている給与形態の事。デメリットは、頑張って成果を出しても給与に変動がないところです。

どちらが良い、とは一概にはいえませんが、自分の働き易いと思う方を選びましょう。

プチアドバイス① ハローワークの求人は少し注意が必要

仕事を探す時に一番気軽に利用出来るのは、ハローワークなのではないでしょうか。

しかし、ハローワークの求人は少しオススメ出来ません。

ハローワークに掲載される求人は全て無料です。

有料の転職サイトにお金を出すほど人件費を使いたくないか、転職サイトに求人を出すほどの売り上げが無いなど、費用を抑える傾向にある企業は入社した後も従業員に対するリカバリーが少ないです。

一方、大企業や大手企業などは優れた人材がほしいため転職サイトに求人を載せたりします。

転職サイトもハローワークの求人同様に基本利用は無料です。

履歴書添削やアドバイザーのサポートなどが受けられるため、積極的に活用して行きましょう。

オススメ転職サイト

首都圏業職求人多数。マイナビの人材紹介サービス 「マイナビエージェント」

フリーターや第二新卒に強い「AGENTneo」

プチアドバイス② 健康経営優良法人マークがついている所もオススメ

健康経営優良法人認定制度(METI/経済産業省)

上記のマークはご存じでしょうか?

前節では検索する際のポイントについて説明しましたが、こちらの健康経営優良法人マークがついた企業を探すのも非常にオススメできます。

このマークは何かと言うと、

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。(経済産業省より引用)

一体なんのこっちゃ・・・となると思いますが、要約すると、「あなたの企業は従業員の為を考えて経営してますね!ホワイト企業認定です!」といった感じで、優良企業にはこのマーク認定されるようになっています。

ぴっけはこのマークがついた企業で働いていたのですが、本当に残業がゼロでした。皆さん意識が高く、むしろ、残業をしていると「早く帰りなさい」と怒られていました…。

いい会社・悪い会社の指標の一つにこういった国からの認定マークがついているのかどうか調べてみるのも一つの判断基準になるかもしれませんね。

経済産業省 健康経営優良法人制度について

まとめ:口コミや評判のチェックは必須!

「怠け者も興味津々(猫)」の写真

いかがでしでしょうか。

口コミや評判はいい会社・悪い会社を選ぶ上で重要なポイントだと思います。

上記で挙げた口コミサイトや転職サイトをうまく使用して、後悔しない転職活動を行いましょう!

-就職活動
-