就職活動

転職で業界を変えるのが不安な人へ

悩み人くん

転職を考えていて、今とは全く違う業界に行こうとしています。でも、正直やっていけるか不安です…。

未経験の業界に飛び込むのってすごく不安ですよね…。

ぴっけ

20代の転職で複数の業界を転々としてきたぴっけです。

転職先を選ぶ基準として同じ業種・職種を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

その背景に、

・今までの自分のスキルを活かせる仕事がしたい

・違う業界へ行くのが不安

・培ってきたスキルが無駄になるのが勿体無い

等があげられます。

違う業界への転職を考える背景には、今現在の環境や、給与が低い新しい業界にチャレンジしてみたい等様々な理由があると思います。

でも、未経験の他業界に飛び込むのは不安が付き物ですよね。ですが、他業界に思い切って転職することでいくつかのメリットがあります。

本記事では、

転職で業界を変えたいけど、やっていけるのか不安…

業界を変えても、実際に環境が変わるのか分からない…

といったお悩みを解決する記事になっています。

結論から先に言ってしまうと「転職で業界を変えてもOKです!

転職で業界を変えた際のメリット・デメリットについて説明しているので、是非最後まで目を通してもらえると嬉しいです!

ぴっけも違う業界に転職した経験があるので、不安な気持ちがすごく分かります。

この記事を読んで、他の業界へ転職する不安を拭いましょう!

ぴっけ

転職で業界が変わった場合

ノートPCの熱が暖かくて、その上でうたた寝する猫の写真

転職で業界が変わった場合、何が大きく変わるのかというと、

・仕事の進め方

・仕事に対する考え方や価値観

・周りの人間関係

・必要なスキルが前職と変わってくる

などがあげられます。

業界によってビジネススタイルは様々で、そのスタイルが自分とマッチしているかが重要になってきます。

転職で業界が変わると起こる6つのメリット

冒頭でも少しあげた通り、ぴっけも数回の転職で違う業界に行きました。

その中で感じたメリットは、以下の6つになります。

  1. 新しい知識が身に付く
  2. 自分の新しい適性が発見できる
  3. 様々な仕事のやり方が身に付く
  4. 給料などの待遇が良くなる
  5. 働き方が変わる
  6. 仕事のモチベーションがあがる

6つのメリットについて一つずつ説明していきますね。

メリット① 新しい知識・スキルが身に付く

転職で業界が変わった後は、業務内容やビジネススタイルが変わることがほとんどです。

そのため、新たな仕事のやり方や知識を得られ、新しい知識・スキルを身につけられることが多いです。

また、転職前の自分のスキル×新しいスキルを重ねあうことで、業務をしていく上でのあなた自身の希少性や価値を高められることもあります。

メリット② 自分の新しい適性が発見できる

転職で業界を変えてしまうと、今までのやり方ではなく新しいやり方を一から学ぶことになります。

今までの知識を活かせないのは勿体ない…と思う方もいると思いますが、新しい仕事をする中で自分の新しい適性が見つかったりします。

未経験で最初は慣れないと思いますが、初めての業界は皆出来ないことが当たり前です。

お金を貰いながら新しい知識が増えていく、とポジティブに考えてみましょう。

メリット③ 様々な仕事のやり方が身に付く

今まで接客業だった人が事務職に転職した場合、資料の作成や電話対応、書類の整理等今までの仕事とは違うやり方が身に付きます。

転職で業界を変えることで、様々な仕事のやり方が身に付きあなた自身の経験値がぐっと上がります。

ぴっけも色んな業界を渡り歩いていて、昔の仕事で培ったスキルが役に立ったりしていました。

メリット④ 給料などの待遇が良くなる

求人によっては、今いる会社よりも待遇が良く給料が上がったりすることもあります。

また、業界によって儲かっている業界や儲かっていない業界などがあり、儲かっている業界に転職することで今より好待遇な条件の仕事ができるでしょう。

ぴっけは実際に、接客業から保険会社の人事へと業界ごと転職して年収が50万アップしました。

ぴっけ

メリット⑤ 働き方が変わる

転職で業界が変わると、働き方もガラッと変わります。

業界によってビジネスの手法やメインターゲット等も変わるため、アプローチがその業界によって変わってきます。

例を挙げるとBtoB(Business to Business)、BtoC(Business to Consumer)によって働き方が変わると言われますね。

BtoBとBtoCの違いとは?それぞれどんな企業があてはまる?(外部リンク)

メリット⑥ モチベーションが上がる

新しい業界に転職することで、新しい環境の中仕事のやる気やモチベーションが上がったりします。

モチベーションが上がると作業効率が上がったり、仕事が評価されたりと色んなメリットに繋がります。

転職で業界が変わるデメリット2つ

混淆街(フォトモンタージュ)の写真

6つのメリットを記述しましたが、転職で業界が変わるとメリットだけでなくデメリットもあります。

ここでは2つのデメリットを説明しますね。

デメリット① 今までのスキルが通用しない

業界ごと転職した場合のメリットの項目で、「新しいスキルは身に付く」と述べましたが、デメリットは「今までのスキルが通用しない」というところです。

業界が変わると業務内容も変わり、新しいスキルを求められることが多くなると思います。

デメリット② 給料が下がる場合もある

今いる業界から多くの給料をもらっている場合、新しい業界では給料が下がる場合があります。

専門のアドバイザーと業界の給料の相場や優良企業について相談しながら転職を進めていくことで、 少しでも自分の納得する求人を見つけることが出来るでしょう。

正直、他の業界に転職希望であれば、転職エージェントの利用はマストだと思っています。

ぴっけ

転職で業界を変えるには

繁華街のネオン(ボケ)の写真

転職で業界を変えるには、自力で求人を探すよりも転職エージェントを使用した方が圧倒的に転職を進めやすいです。

転職エージェントを利用するメリットについてですが、

  • 一人で行うよりプロのサポート面を受けられる為心強い 
  • 非公開求人をオススメしてくれる
  • 履歴書の添削や面接の手配をしてくれる
  • エージェント側が企業の人事と面接調整を行ったり推薦状を書いてくれる 

などがあげられます。

また、転職サイトは求人などの取りこぼしが無いように複数登録しておくことをオススメします。

転職エージェントサイトに登録する


転職で業界が変わったら意識すること

転職が変わったら意識することですが、業界や職種が変わって一からのスタートになる場合は、今までのスキルを活かせる場面では活かし、新しい知識やスキルを沢山学んでいきましょう。

また、具体的に言うと、

  • 早く会社に馴染むようにコミュニケーションを取るように心がける
  • 貪欲な姿勢で新しい知識やスキルを得る
  • 今まで培ってきたスキルを活かせる場所ではどんどん活かしていく

などがあげられます。

個人的には周りとコミュニケーションを積極的に取って早く会社に溶け込むことが重要だと思います。

なぜかというと、業務で分からないことがあった際に、教えてくれる人や相談できる人を作ることで働きやすさは段違いに変わるからです。

ぴっけ

転職で業界が変わって不安な人へ まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職で業界を変えることに不安を覚えるかもしれませんが、上記にあげた通りメリットも多く現状を変えるには有用な方法だと思います。

また、誰でも初めは未経験なので不安に思わず、自分のキャリアアップ・スキルアップと考えて積極的にチャレンジして欲しいです。

それでは、ぴっけでした!



-就職活動
-,