就職活動

【今すぐできる】自分の長所や強みを見つける簡単3ステップ

悩み人くん

面接で長所を聞かれるのですが、自分の長所や強みが分かりません…。考えれば考えるほど、これって長所に入るのかな…?と考え込んでしまって、上手く面接対策が出来ません。

悩み人ちゃん

履歴書に長所を書きたいのですが、全然思い浮かばなくて…。

周りと比較して自分には何もない…と悲観的になってしまいます。

どうしたら自分の長所を見つけられるのでしょうか。

咄嗟に自分の長所を答えたり、履歴書に書くのってハードル高いですよね…でも、人には強みや長所が絶対にあります。

この記事を通してあなたの強みを探して行きましょう!

ぴっけ

どうも、転職時の面接で長所を聞かれて上手く答えられなかったぴっけです!

強みや長所について自分なりに自己分析していたつもりだったのですが、段々と自己分析を進めるうちに長所と呼べるのか分からなくなってしまってすごく悩みました。
ですが、下記の手順通りに強みや長所を探す事で、自分なりに強みや長所を把握して上手くアピールする事が出来る様になりました

下記に挙げる手順を行う事で、あなたの強みや長所がきっと見つかると思います。

この記事では、

自分の長所や強みがわからない

どうやって長所を探していいのか分からない

といったお悩みを解決します。

一緒にあなたの強みを探していきましょう!

誰にでも長所は必ず一つはある

black and gray laptop computer beside black ceramic mug


冒頭でも少しだけお話ししましたが、長所や強みはどんな人でも必ず持っているものです。

よくあるケースが、周りと自分を比較して「自分に長所なんて一つもない…」という考えに陥ってしまうパターンです。

あなたの長所は今まで歩んで来た人生の中で培って来たものです。周りと比較する必要は全くありません

ですので、自信を持ってこれが私の長所です、と言えるようになりましょう。

自分の長所や強みの見つけ方

milky way above body of water

次に、実際に自分の長所や強味の見つけ方について説明していきますね。

自分の強みを知るためにすべきことは、以下の3つになります。

  • 周りの人に聞いて見る
  • 自己分析ツールを使う
  • 短所を逆に捉える

難しく考える必要はナシ。

誰にでも簡単に出来ることなので、すぐに実行に移すことが出来ます。

① 周りの人に聞いてみる

人, グループ, 友達, フィストバンプ, ライフスタイル, チーム, チームワーク, 協力, 協力する

まずは、周りの友人や家族等信頼できる人に自分の長所や強みを聞いてみることです。

なぜなら、自分で長所を考えるよりも、周りの人に聞いたほうが客観的な意見や評価を貰えます。

転職アドバイザーや自己分析ツールでは気付くことができない、 あなたと一緒に過ごしているからこそ分かる長所等に気付いてくれます

ぴっけを例にすると、友人たちから「いつも楽しそう」「聞き上手だから相談がしやすい」等の返答を貰えました。

上記のぴっけの長所をビジネス風に深堀りしてみると、

いつも楽しそう➡仕事で何かイヤなことがあってもすぐに切り替えられる

聞き上手だから相談がしやすい➡傾聴力があり、コミュニケーション能力に長けている

に変換できたりします。

これで、ぴっけの長所が

「仕事でイヤなことがあってもすぐに切り替えられる」

「傾聴力があるため、指示を一回で覚えられる」

などに言い換えられます。

物は言いようといいますが、まさにそうです。

自分の長所をビジネスでどう活かせるか等考えると、変換しやすいです。

ぴっけ

③ 短所を逆に変換する

text

短所だと思っていた箇所を逆に捉えることも大事です。

ぴっけは自分の短所として、「後先考えずに突っ走る」という所があります。

ですが、友人にそれを言うと「それって行動力があるってことじゃない?長所だよ」と言われて目から鱗が落ちました。

自分では短所だと思っていたことが、周囲からすると立派な長所になっている場合があります。

意外と自分の短所が長所になることは多いです。例を挙げると、

  • 仕事のスピードが遅い➡ミスがないように正確性がある
  • 我が強い➡自分の軸や意見がしっかりしていて、周りに流されにくい
  • 雑に物事を進めてしまう➡行動力がある

などなど、自分の短所は裏返せば強い長所になったりします。

「自分には短所しかない…」と悲観せず、前向きに変換して長所を見つけていきましょう!

短所は長所です!前向きな変換をしていきましょう!

ぴっけ

② 自己分析ツールを使う

自己分析ツールを使うことで、 械的に自分の長所を知る方法もあります。

個人的にオススメの自己分析ツールは、

以上の4つになります。一つずつ説明していきますね。

リクナビ転職NEXT (登録不要)

所要時間:3分 質問数:22問

大手転職サイトのリクナビが運営している自己分析診断です。

選択に直観で答えていくと自分に合った仕事や、あなたの隠れた性格について診断してくれます。

登録不要で出来るので、試しに一度やってみることをオススメします。

ぴっけの隠れた性格は、「友達思いのリアリスト」でした。

営業や販売、看護師など、コミュニケーション能力と誠実さが求められる仕事に向いているそうです!

ぴっけ

3分でできる適職診断を受けてみる

キャリアタイプ診断(dodo登録が必要)

所要時間:10分 質問数:120問

キャリアタイプ診断はdodaに登録する必要があります。

dodaに登録した後、トップページ下部にキャリアタイプ診断のページがあるので、そこから診断が可能です。

キャリア診断の結果一部
  1. 性格・気質傾向
  2. 能力傾向
  3. 行動基準
  4. あなたに向いている仕事スタイル
  5. あなたに向いている企業風土

キャリア診断に回答することで、上記の5つの項目が分かります。

グットポイント診断(リクナビ登録が必要)

所要時間:20分 質問数:120問

グットポイント診断は、設問に答えていくと5つの自分の長所について教えてくれる診断です。

リクナビ自体が大手の転職サイトとなっているため、登録することでリクナビが出している求人も閲覧することができ、一石二鳥ですね。

転職活動で役に立つ診断結果となっているため、是非一度試してみてください。

16Personalities (登録不要)

所要時間:12分 回答数:60問

16Personalitiesは心理学に基づいており、海外ではメジャーな性格診断テストです。

診断結果は5つあり、精神(意識)、エネルギー、気質、戦術、アイデンティティーの性格タイプが表示されます。

当たると評判のテストらしく、登録不要ですので一度気軽に試してもいいかもしれません。

結構当たっててびっくりしました

ぴっけ

自分の長所を見つけたら

上記の方法で自分の長所を発見できたら、その長所を自分なりに他人に伝えられるように言葉や文章にしましょう。

履歴書作成や面接の時に非常に役立ちます。

また、プライベートや仕事の面で活かしていくことで、どんどん長所が磨かれていきます。

まとめ 強みや長所は4つのやり方で見つけられる!

cloudy sky at daytime

いかがでしたでしょうか?

今までお話ししたことをまとめると、

長所は誰にでもあるので、悲観する必要はなし!

長所の見つけ方は

  • 周りに聞いてみる
  • 自己分析ツールを使う
  • 短所を逆に捉える

上記の3ステップでしたね。

自分に合ったやりかたで、是非自分だけの長所を見つけてくださいね。

それでは、ぴっけでした!



-就職活動
-,